auビデオパスで布団の中でもリビングでも充実ライフ

私は、iphonがとっても、大好きです。

最初は、iphonを使わなくても、ipodで充分なのでは?

と思っていたのに、今や、iphoneを3台も使ってて、

やりすぎ感、満載ですね(笑)

 

今日は、ここ何ヶ月か使っている、AUビデオパスの使用感についてお話します。

 

ビデオバスの利点は、なんといっても、

定額でいろいろなテレビドラマや映画が見れることです!

⇒ 定額で見れる動画一覧はこちら

 

月額562円(税抜き)です!

これが安いか高いかは、人によって違うと思いますが、

ビデオパスの一番凄ーい点は、なんと、

有料のビデオも月に1本分、ただで見れちゃうんです!!

私は、なんとこの有料1本分が付いてくることを、

つい最近まで知りませんでした!!! 

 

オーマイガー!!

 

この仕組みがちょっとわかりにくいので、もうちょっと詳しく説明しますね。

 

ビデオパスは無料コインが毎月付加されるんです。

 

その無料コインには、有効期限があり、

約45日で無料コインの期限が切れてしまいます。

無料コインは、ビデオパスの料金にほぼ近い540コインが毎月付きます。

 

この45日の間に540コイン以内で、1本の有料のビデオが見れるのです!

(AUでは、毎月1本とうたってますが、有料ビデオの値段は作品によって

違うのですが、だいたい、500コインから540コイン内です。)

 

これって結構太っ腹なのではないでしょうか?

 

だって、見放題の作品の他に、有料ビデオも見れちゃうのですから!

個人的には、DTVと比較しているのですが、

DTVの方がが視聴できる作品数は多いように感じますが、

AUビデオパスの場合は、なるべく旬な物を視聴できるように、

頑張っている感が強いのです。

また、TBSオンデマンドとの関係も強いのか、

DTVよりも圧倒的に、TBSオンデマンドで見れる作品数が多いですね。

 

iPhoneでは、ビデオパスはアプリをダウンロードして、

アプリから作品を見ます。

このアプリから使うときは、見放題の作品ばかりです。

(なので、有料作品のことが、わからなかったのですね。)

では、有料のコンテンツはどこから見るのかというと、

なんと、サファリを立ち上げてログインして見るのです!

ちょっとわかりにくい…?

知った時には「えええっ!!!!!」となりました。(笑)

 

この有料サイトのURLを貼り付けて、おきますね。

 www.videopass.jp/ppv

有料ビデオの作品はこのサイトからメニューを出して、

レンタルをクリックすると表示されます。

 

ビデオパスを窓口で説明してくださるAUのお姉さんも

有料ビデオが見れるなんて、一言もいわなかったです。

以外に知られていないサービスなのでしょうか?ちょっと、不思議に感じます。

やはり、実際に使わないと、わからないものだなっていうのが、感想ですね。

 

せっかく、無料期間で、みんなに試してもらおうとしているAU一押しのアプリなのに、無料でビデオが見れることを説明してくださらないのは、勿体無いって、思っちゃいました。(笑)

たった、1本ですが、素敵なサービスだと思います。(^O^)

 

AUのビデオパスは、思った以上に使えるサービスというのが、実際に使った感想ですね。

作品も、新しいものをどんどん増やそうという意気込みを感じます。

ドコモのDTVと張り合って、このまま視聴できる作品を増やしてくれるといいんですがね。
⇒30日間は無料でお試しできるau公式ビデオパスはこちら


わかりやすいようにもう少し詳しく解説してみました。

auビデオパスとは?

ご存知携帯電話のauが運営する動画配信サービスです。月額なんとたったの562円(税抜き)で映画、ドラマ、アニメが見放題できる、新しいVOD(ビデオオンデマンド)です。

ビデオパスの特徴はこちら

  • 月額562円(税抜き)で対象の作品が見放題できる
  • 最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる
  • 映画館TOHO CINEMA&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる

月額562円(税抜き)で対象の作品が見放題

最近の動画配信サービスはどんどん低価格化の傾向にありますね。アマゾンプライムは年間3900円だから月にすると、325円。dTVは500円だし、このビデオパスも562円。安さだけで言えば、これら3つのサービスが今一番安いんじゃないでしょうか。

最新映画が毎月1本追加料金なしで視聴できる

動画配信サービスによっては見放題作品とペイパービュー作品の両方を扱っているものがあります。U-nextもdTVもそうですが、このビデオパスも同じです。

でも実際に見たい作品は見放題作品じゃなくて、最新映画だったりするんですよね。そんな要望に応えてビデオパスの場合はそ毎月1本は有料作品を無料にしています。たとえ二本目から有料でも一本数百円で見られるので、DVDをレンタルすると思えば損はないでしょう。

映画館TOHO CINEMAS&UNITED CINEMAS CINEPLEXの料金が割引になる

ビデオパスの最大のメリットは間違いなくこれです。高すぎる映画館の料金を大幅に割引にしてくれます。TOHO CINEMASは毎週月曜日、UNITED CINEMAS CINEPLEXは期間限定で鑑賞料金が格安になります。1800円は払いたくないけど、1100円で見れるならなら映画館で見たい、という人も少なくないでしょう。


⇒ 30日間は無料でお試しできるau公式ビデオパスはこちら

ビデオパスで視聴できる作品は?

さて、値段や特典は分かりましたが、一番重要なのはやはりコンテンツですね。実際利用したくなるかどうかは、どんな作品を扱っているのかにかかってきます。

洋画の一覧を見たところ、こんな作品がリストアップされました。全体的に数本の最新作と、大部分が数年前の話題作といった感じです。

 

 

邦画の一覧はこんな感じです。

今話題の新海誠監督の作品も揃っていますね。あと、テレビ朝日、日本テレビ、TBS、テレビ東京などのドラマも配信しています。

見た感じ、洋画のラインアップはやや弱いです。一方で映画館の割引も含め、邦画、ドラマ、アニメ目当てで利用するなら、元は十分に取れそうです。いずれにしろ30日間無料体験ができるので、興味のある方はぜひ試してみてください。

⇒ 30日間は無料でお試しできるau公式ビデオパスはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました