かたせ梨乃と坂上忍ベッド画像は?実家は金持ち?肉の門とは?

スポンサーリンク


かたせ梨乃さんのプロフィール

名前:かたせ梨乃(かたせ・りの)
本名:杉田典子(すぎた・のりこ)
出身地:東京都
生年月日:1957年5月8日
年齢:59歳(執筆時)
身長:168センチ
体重:48キロ
血液型:B型
学歴:雙葉高等学校卒業、獨協大学外国語学部英語学科中退
所属事務所:パーフィットプロダクション

東京都出身で獨協大学外国語学部に在学中にCMモデルとして芸能界にデビューをしています。

その後「11PM」にカバーガールとして出演をし、大学は中退をしているようです。

1990年代以降は「土曜ワイド劇場」や「水曜ミステリー9」等とテレビドラマシリーズ、大河ドラマ「花の乱」「TBS大型時代劇スペシャル」等と時代劇と各局のテレビで幅広く女優として活躍しています。

実はかたせ梨乃さんと坂上忍さんは濡れ場シーンを演じた事があるのです。

かたせさんも本当に場を盛り上げようとしてのアルコール摂取だったのか、それとも単なる照れ隠しなのかはわかりませんが、予想以上に気合が入りすぎたようです。

いまだ結婚していないかたせさんですが、新宿2丁目あたりにあるレズバーに通っているという噂もあります、結婚しないのは同性愛者だからとも言われているようです。

「かたせ梨乃 坂上忍ベッド」「かたせ梨乃と坂上忍ベッド画像」とヤフーかグーグルで画像検索してみてください。

きっと思っている画像が見つかるはずです。

Yahoo写真画像検索エンジンはこちらをクリック!

Google写真画像検索エンジンはこちらをクリック!

スポンサーリンク


かたせ梨乃の実家は金持ち?

一部の噂では、かたせさんの実家は医者で相当な金持ちだと言われています。

しかし、実家が医者であると言うのは誤解で、かたせさんの父親は商社マンだそうです。

しかも、相当にデキる方で非常に海外勤務が多かったと言います。

実家の場所は「千駄ヶ谷」、「目白」の2つの説があり、
どちらも都内で地価が高い場所なので、相当な金持ちであることがわかります。

かたせ梨乃さんの出身高校は、雙葉高校です。

雙葉高校といえば、中学受験の女子御三家の一角を担う、高偏差値の学校として有名です。

中高一貫校なので、かたせ梨乃さんは、雙葉高校には、中学校から進学したことになります。

「雙葉高校=お嬢様学校」というイメージが強く、ある生徒が持ってきた弁当を包んでいた布がエルメスのスカーフだったようです。

実家が医者って、どこからでてきたのかまったくのデマで、単なる噂です。

かたせ梨乃さん、お父さんが好きだったみたいで毎年誕生日には写真館で写真を撮ってお父さんに送っていたそうです。

かたせ梨乃さん、お金持ちだったことは確かなようですね。

スポンサーリンク


かたせ梨乃は海老蔵を奪った?

市川海老蔵さんの初体験の相手がかたせ梨乃さんだったのでは?という噂まで。
どこまで真実か分かりませんがさすがかたせ梨乃さんといったところでしょうか?

あまりにも真実味に欠けるので記載しませんが、もしかすると、かたせさんの数多くの作品映像に、若い頃の海老蔵さんもお世話になった男性のひとりなのかもしれません。

魅力的な年上女性女性として有名なかたせ梨乃ですが、なんと市川海老蔵の初めての相手だったと言われています。これは市川海老蔵の元彼女からの証言なので結構信ぴょう性がありそうですね。年下の男の子も夢中になってしまう魅力がある証明です。

あくまでも噂であり、本当のところは当事者にしか分かりませんが、どうやらかたせ梨乃さんは海老蔵さんの童貞を奪ったと言われています。

どういった経緯で知り合ったのかは不明ですが、海老蔵さんと交際経験がある女性が、海老蔵本人が語ったこととして取材に以下のように応えたのです。

昔、かたせ梨乃さんは「極道の妻たち 三代目姐」で坂上忍さんと共演していますが、そこで、かたせ梨乃さんと坂上忍さんのラブシーンがあったのです。

かたせ梨乃さんはそのシーンを盛り上げようと紅茶にブランデーを入れて飲んだそうです。

芸能界に長くおられるにも関わらず、スキャンダルのような話がほとんどないのも、人を見る目がしっかりしていて、トラブルに巻き込まれないのかもしれませんね・・・。

かたせ梨乃の肉の門とは?

2008年にテレビ朝日系列で年末のスペシャルドラマとして放送されました。
主演は観月ありさ。かたせ梨乃のせん役が頭に、目に焼きついてしまっていたので、どうもパンチが効いてないように感じましたね。

昭和22年の米軍占領下の東京を舞台に、肉体の他には何一つ失うものがなく、何一つ売るものも持たない女たちの愛と戦いを描いた衝撃作「肉体の門」をパッケージ化。かたせ梨乃、名取裕子ほかが出演しています。

原作である『肉体の門』が発表されたのは昭和22年(1947年)。著者である田村泰次郎は将来を嘱望されていた時期を丸々(5年3ヶ月)中国戦線で送られたまんま終戦を迎えた従軍作家です。

かたせ梨乃らが出てきたけど、この辺のメンバーだと極妻を思わすリアルな表現になりそうでそれはあまり好きじゃないけど、比べてみたい気もします。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました