原千晶がん余命は?ステージ症状と完治は?

スポンサーリンク


原 千晶のプロフィール

名  前 原 千晶
読  み はら ちあき
生年月日 1974年4月27日
出身地 北海道帯広市
血液型 O型
身  長 165 cm
スリーサイズ 86-64-88 cm

寄与度はかなりのものですね。仕事意識の高さが訪れます。

その写真家篠山紀信氏の撮影でヌード写真集も発売するなど、セクシータレントとしても活躍しました。またガンについての本も書いてます。

スポンサーリンク


 

原千晶のがん余命は?

原千晶さんは事実、がんは過去にあります。

2005年の初めに精密検査で子宮頸がんと診断されているんです。

しかし、当時は31歳独身だったので手術をすることに決めする決心がなかなかできなかったようです。

重要なのは、子宮頸がんは、性交渉の経験がある若い女性なら誰でも患う可能性があることです。これは、性交で感染することが知られているヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発生する場合が多いためです。
一説には、男女の80%程度がHPVに一度感染と言われるほどです。さらに、子宮頸がんは、がんの病期(ステージ)が進行して、症状がかなり悪化してしまいます。

結局、病気になると、自分自身より、周り(特に家族)にとてもつらい思いをさせてしまうという事。
子宮がんで子宮を失う人、少なくありません。
子宮がんには子宮頸がんと、子宮体がんがあって、特に子宮頸がんは、性交渉の経験がある女性なら、発病の可能性はゼロではありません。

ガンのステージ症状は?

彼女は子宮全摘出をして、抗がん剤治療による副作用との壮絶な戦いを続けてきたようです。

身体の麻痺や浮腫など、さまざまな副作用に苦しめられて、結果的に癌を克服したが、以前よりも太ってしまったそうです。

しかし、何よりも重要なのは命です。

彼女は生理時の経済の血液の量が増加し、布の色が明らかに激痛の痛みがある状態が2〜3ヶ月続きました。事実、10代の頃から婦人科系の症状が重く、20代の頃、1年に3〜4回は病院に行っていましたが、そこまで悪くなったのは初めてでしたと語っています。

そんな症状で悩んでいた原千晶さんは産婦人科へ行くことに。

なんとその結果は「子宮頸がんステージ1a期」だったそうです。

子宮頸がんのステージは、早期にはほとんど自覚症状がなく、自覚症状が現われるのはがんが進行してからです。主な症状は、月経以外の出血(不正出血)、性交時の出血、おりものの増加などですが、がんが進行してからでは、子宮の温存が難しくなります。

がんの完治はあり得るのか?

いくらがんが治る時代になったと言っても、完治させるためには、まだ想像を絶する戦いをする必要があります。

原千晶さんは、子宮がんに二度も襲われ、我々の想像を絶するような闘病生活を繰り広げられていたのです。

病気における完治には、色々な定義がありますが、がんについては、「5年後に再発無く生存しているかどうか」ということを基準にすることが一般的です。所謂「5年生存率」というものです。

90%以上のガンは数週間のうちに完治します。ガンを治すのに、手術も放射線治療も化学療法も必要ありません。
しかし法律や患者を苦しめ殺害して何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体はこのような治療法でガンを治している私を妨害しています。

治療から5年以内に再発しなければ完治したとみなす」ことになっています。乳がんのように成長が遅いがんについては10年間は安心できませんが、おおむね5年経過すれば治療したがんの定期検査などは必要無くなります。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました