中井美穂の大腸がんのステージは?原因は医療事故?全摘した?

スポンサーリンク


中井美穂さんのプロフィール

名前 中井 美穂(なかい みほ)
本名 古田 美穂(ふるた みほ)
生年月日 1965年3月11日
出生地 アメリカ・ロサンゼルス
出身地 東京都
出身校 日本大学芸術学部 卒業
血液型 O型
職業 フリーアナウンサー/タレント
所属 ブルーミングエージェンシー
愛称 ミポリン

 

スポンサーリンク


中井美穂さんの大腸がんのステージは?

中井美穂さんが患っている大腸がんは4段階に進むと、腫瘍が大きくなって食べ物が腸をスムーズに通過することができません。

したがって下腹部に痛みを感じたり、腹部膨満感を覚えたり、便秘になったりします。

大腸がんの進行度は、他のがんと同様に「ステージ」という言葉が使われてレベルは、がんが粘膜にとどまっている状態”0″から他の部位に転移している「4」まであります。

転移対象に難しい部位は肝臓や肺を挙げることができ、過度の結果転移性肝がん・転移性肺がんされてしまいます。

大腸がんを予防するために、食物繊維や魚類、珈琲、緑茶牛乳、カルシウム、発酵食品、乳酸菌、ヨーグルトを食べて運動しましょう。

 

大腸がんの原因はなんだったの?

 

原因は腹膜炎だったようです。この腹膜炎についてですが、
腹膜とは腹腔内を覆う腹膜のことを差します。

腹腔内は本来無菌になっているのですが、この腹膜に細菌感染や打撲などの物理的な刺激によって炎症が起こるものを腹膜炎といいます。

症状としては腹痛は必ず起きるようで、前兆はお腹に不快感が現れます。

中井さんが患った腹膜炎は、腸が破れてしまう可能性もあったので腸の悪い部分を切断したそうなのですが、手術後は普段のように腸を使うことができないので、人工肛門をつけていたそうです。

中井美穂 大腸がんは医療事故が原因か?

中井美穂さんが、子宮筋腫の手術の際に腸を傷つけられるミスをされたと噂されていましたが

いわゆる医療事故で、子供が産めない体になったとありましたが、その後も、お元気そうにテレビに出ていらしたので、腸を切られたのは、ただの噂なのではないでしょうか。

大腸がんを全摘した?

人工肛門(ストーマ)とは手術をして腸管を切除し、お腹に排泄口を付けることです。大腸がんで腸を全摘出した患者さんや最近若い世代に増えているクローン病、潰瘍性大腸炎(IBD)の患者さんもストーマにしている方も多いです。

中井美穂さんは大腸がんを全摘したのでしょうか。

実は中井美穂さんは子宮全摘出ではなかったそうなので、妊娠される可能性は全く無いわけではないと思われますが、現在も2人の間には子供はいません。

何らかの原因により大腸の粘膜から粘膜下層までに炎症がおこり、びらん(ただれ)や潰瘍ができます。

つまり症状が一度治まっても悪化することや繰り返すことがあるため、長期間つきあう必要があるということです。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました