アンデルレヒト獣医学校の廃墟化はなぜ?ヤバイ場所?

スポンサーリンク


恐怖の研究所という学校の正式名称は、アンデルレヒト獣医大学です。
1900年代初頭に建てられたリエージュ大学と合併される1990年までに利用されていました。
合併後解体されずに放置された状態だったが、2005年に補修工事が行われ、多くの建物がアパートに再利用することができます。

1969年に設立され、1990年にボリョジンヌンベルギーのブリュッセルにあるアンデルレヒト獣医学校は、当時の姿をそのまま残してホルマリン漬けの動物たちの標本がたくさん横たわっているそうです。

また、この獣医大学は「ホララボ」でマニアには人気のある場所もあるそうです。

捨てられた医療機器はもちろん、謎の液体肉標本などが散乱して、恐怖を演出してます。
動物の頭、脳が最も恐ろしい”スポット”であり、その一部は、2つ以上のそれ縫合されているものです。

理科の実験室ような雰囲気と無造作に並べられた以前研究に使われていたと思われる動物たちのホルマリン漬けの標本が数多く見られます。

アンデルレヒト獣医学校の廃墟化はなぜ?

 

一体、なぜそんな場所ができてしまうのか、その理由を知っている人は少ないでしょう。

色々ネットの情報をかき集めてみましたが、一向にわかりませんでした。

なぜ廃墟化してしまったのか、なぜ未だにホルマリン漬けされているのか、このお化け屋敷の典型ともいえる真相は闇の中みたいですね。

医療器具の資料とかもそのままあってなかなかスゴイですよ。
メスや実際に使ったとされる資料が山盛りにいっぱいあるみたいです。

行ってみたい方はぜひ行ってみたはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました