山尾志桜里のやりたい事が多すぎて汗がすごい?

スポンサーリンク


山尾志桜里のやりたい事が多すぎて汗がすごいと話題になっているようです。

焦る気持ちはわからないでもないですが、尋常じゃない汗がでてしまっているようで話題沸騰のようですね。

山尾志桜里のプロフィールはこちら

議員名:山尾しおり(やまお しおり)

別表記:山尾志桜里(やまお しおり) ※本名

旧姓名:菅野志桜里(かんの しおり)

年齢:42歳

生年月日:1974年7月24日

出身:宮城県仙台市

職歴:検察官

出身校:東京大学文科I類に入学、3年次から東京大学法学部に進学し、卒業。

資格:2002年に司法試験に合格

所属:民進党

 

そんな山志桜里議員は東京大学法学部を卒業して、検査を目的と縁起。

7回司法試験に合格すれば、4年間の検査に働いた。

山志桜里議員が検査をやめて政治を志向になったきっかけは、冬の刑務所超えるために100円ショップで窃盗をする高齢者や地方から来た労働者が詰まって詐欺行為に走る姿を経験したからのようです。

 

実際にかなり汗が吹き出ています。

冷や汗だと思いますが、ネットのある人はお薬だと言っていました、もはや病気です。

スポンサーリンク


山尾志桜里は何をやったの?

異名の元となっているガソリン代不正請求です。

ついに認めて謝罪するという事態になりました。

しかし、その謝罪のやり口の姑息さそして内容のずさんさがあまりにも

ひどいなと思いましたね。

山尾氏は一連の疑惑について、神妙な面持ちで「国民、県民に疑問や疑念を抱かせてしまい申し訳ない。コンプライアンス徹底に努めたい」と説明していましたが、

カネの使途については「元秘書側に確認できなかったが、総支部や後援会などの政治活動に使われた事実はない」と語ったようです。

山尾氏が支部長を務める「民主党愛知県第7区総支部」の政治資金収支報告書を確認したところ、2012年分の報告書に約230万円分のガソリン代が計上されていた問題は今後も話題になりそうですね。

元公設秘書が不正を認め、今月15日に全額を弁済したといい、法的措置は取らないとしているようですし、今後どうなるか見ものです。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました