渡部昇一の幸福の科学過去世とは?

スポンサーリンク


本業の英語学者だけでなく、評論家などで幅広く活躍する上智大学名誉教授渡辺昭一氏。幸福の科学では、渡辺氏の過去の世界は、米国建国の父ベンジャミンフランクリン(1706〜90年)と「伊勢物語」の主人公のモデルと呼ばれる在原業平(825〜80年)とされています。

スピリチュアルな印象を受けますが、そうではないようです。

この情報はあくまでも管理人が独自に入手した情報ですので、信頼性についてはバラつきがあります。

● 秋元康(作詞家、プロデューサー) ← 世阿弥(室町時代の猿楽師)
日本で女性として神楽を踊ったり、孔子の門下生として楽器の演奏をしていた過去世もあるようです。

● 麻生太郎(元首相) ← 真田昌幸(幸村の父)

● 安倍晋三(現首相) ← 大伴家持(『万葉集』の編纂者)

という感じですね、他にも有名な著名人がたくさんいますがながーくなってしまいますので割愛。

 

渡部昇一の幸福の科学の過去世という考え方は、輪廻転生するという考え方がベースになっていますね。

渡部昇一さんの過去世はベンジャミン・フランクリン・・・ヤン・ヨーステン・・・在原業平。と言われているそうですよ。

日本人の代表的な人物の生まれ変わりが紹介されています。時代と国を超えて転生する人生は、国家間または民族同士の戦いがどのように愚か起こっているのがわかります。自分の過去の母国語であり、民族であったでしょう。興味深いです。

評論家の渡部昇一氏が死去したこと

本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去したことがわかっています。

こんな偉大な人が亡くなるのは非常に惜しいですね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました