辛坊治郎のヨット浸水の原因は?テレビで明かした真実とは?

3月30日に放送された「奇跡のリアルタイム”は辛坊地キャスターが沈没寸前の船から取得した実際の映像を放送で再現すると同時に、当時はあまり報道されていることなかった真実、そして「日々」生きてている」と感じる」と遭難から約4年を経て、現在の心境を言っています。

スポンサーリンク


 

「浸水の原因は、クジラがぶつかったので、ということですが、実はそうではありません。国籍不明の潜水艦が突然浮上した船体にぶつかったんです」と話す辛坊治郎。

では、なぜ真実を言わなかったか、友人はキャッシュしたが、新恋人さんは「そう母国との間の外交問題になる安倍政権のアキレス腱になることがありますからね」と答えました。

つまり、死んでも、実際には言うことができないということです。

スポンサーリンク


今回の事件の原因は?

原因はクジラとみられる生物と衝突したことで、ヨットが浸水したものです。

その後、10時間後に救助された辛坊地は憔悴した表情でインタビューに答えています。

「浸水の原因は、クジラがぶつかったので、ということですが、実はそうではありません。国籍不明の潜水艦が突然浮上した船体にぶつかったんです」

もしこれが事実であるならば、外交問題に発展したことは間違いないでしょう。

潜水艦で日本の領海を航行していたと、相手はその国なのか、またはその国またはそれ以上は言わないほうが良いですね。

 

辛坊氏などの公開されたヨット事故の映像。

知られてみると、明らかに、今後黒い物体が浮かんで泳いでいる姿がキラキラ見えます。

運が悪かったと言うことができますが、船がクジラに衝突する事故がときたまにあるという話もあります。

このあたりの対策は考えていなかったのかもしれませんね。

相手の岩本光弘氏は目が見えないので辛坊さんが回避行動を取らなければならいたとの声もあるようです

この当時は2人とも眠っている時間だったと会見でお答えします。

いつ?浸水や状況は?

2人を乗せた船は、この日の午後10時30分頃、海上自衛隊厚木基地(神奈川県綾瀬市)に到着

「多くの方々に迷惑をかけた。海上自衛隊が命をかけて救出してくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです」と述べました。

「この国の国民として良かったと思いました」と救助船が来たときの心境を声を出せないながら、告白したようです。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました