白雨の意味は?にわか雨?暴風雨のこと?

スポンサーリンク


白雨の意味は?にわか雨?暴風雨のことでしょうか?

白雨とは暴風雨のこと。
「黒風」はちりやほこりが巻き上がるほどの強い風のこと。
「白雨」は急に降ったり止んだり、強くなったり弱くなったりする雨、にわか雨のことです。

黒風は、チリやホコリを巻き上げる荒々しい強風のことで、
白雨は、大粒のにわか雨のことです。
この2つのことばが合わさって、暴風雨を意味するんです。

スポンサーリンク


 

暴風雨のことを言います。
【黒風】は、塵や埃を舞い上がらせる荒々しい風、暴風をいいます。
【白雨】は、にわか雨、夕立をいいます。

「蘇軾」の『望湖樓(ぼうころう)に 醉(ゑ)ひて書す』の七言絶句の詩にでています。
望湖樓は西湖畔の建物です。

 

明るい空から降るところから「白」雨と付いていると思われます。
意味するところが違うので、梅雨とは直接関係はありません。

白雨というと、夕立、夕方とイメージを発想させましたが、「白雨」のあるがままの定義、即ち、にわか雨、天真爛漫な空より落ちる多雨ということで、結局のところ、17時前後とは限らない、12時のにわか雨ということでしょうね。

じゃあにわか雨とはどういう意味?

わかは他の言葉にくっつけて使われることも多く、前述の「にわか雨」は「突然降りだす一時的な雨」、「にわかファン」は「急にファンになった人」や「一時的なファンの人」という意味になります。

にわか雨の予報の場合は傘を持って行ったほうが良さそうです。

40%なら傘を持ち歩きましょう。

正直40%だったらあんまり雨は降りそうではありませんがもし降ったらめんどくさいです。さっきにも行ったように40%だからって小雨とは限らないのです。

台風が近づいてくると、まず、にわか雨が多くなります。
雲の流れが速くなり、風もしだいに強くなってきます。
台風の中心が300~400キロメートルまで近づいてくると、暴風雨になってきます。

風の速さは、中心が近づくにつれて大きくなりますが、目の中では弱くなってしまいます。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました