wbcの日程2017【イスラエル戦はどうなる?】

 

スポンサーリンク


▼第3戦
日程:3月15日 19:00~
野球日本代表vs.イスラエル

【結果まとめ】
3/12 イスラエル 4-1 キューバ
3/12 日本 8-6 オランダ
3/13 イスラエル 2-12 オランダ
3/14 日本 8-5 キューバ

イスラエル代表の世界ランキング

WBSC世界ランキング:41位(104ポイント)

日本代表はWBSC世界ランキング1位(5699ポイント)ということで、米国代表は2位(4928ポイント)になっていてます。

カテゴリー的にも気にすべきポイントといえる凄すぎるポイントの相違がありますね。

スポンサーリンク


2017年の第4回WBCに当たって、D組のコロンビアと一緒に初出場が決めたのがイスラエルです。イスラエルはどうも、野球とは無縁の国・エリアであると思われますが、ビックリすると思いますがユダヤ系民族のメジャーリーガーはかなり数多くありますね。

 

イスラエル代表、一番大きいアドバンテージ

イスラエル代表は、本来の実力が非常に高いというわけじゃ無いように感じられるが、野球を行なう上でプラスの面となるポイントが存在する。

所属チームを持ち合わせてなくて、アメリカに帰宅したら野球をするフィールドが全くないかも知れないスポーツ選手は、この場をお借りしてPRが出来れば、どこかしら自分自身をピックアップしてくれる球団を見つけ出すことができるかも知れません。
メジャーを狙っている若手は、この場をお借りしてPR可能であるなら、生きるか死ぬかの大勝負への参加チャンスがかなり増えるに違いないのではありませんか。
この場で本来の実力をアピールするということが、自分自身が将来野球を行う内で、アドバンテージとなるでしょう。

実戦経験から言って遠ざかっていたスポーツ選手は、野球ができるのみでも幸せなんでしょう。

味わいながら心置きなく実力を活かして、勝利へ赴く。
ケガをしたらどうするべきかと球団が意識しているというようなスポーツ選手は一人もいないので、全ての人誰しも力いっぱいプレーができる。
所属のリーグも球団もバラつきがある寄せ集めチームではありますが、意識が一つに整えられているようでしたら、割と統一化されていくと思います。

そして、野球の神様は、ワクワクして野球を行なうスポーツ選手が大好きですから
野球にチャレンジすることこそが愉快でしかたがないのであれば、本来の実力をオーバーするものも出来上がるのではないでしょうか。

イスラエル代表が2017年のWBCをより一層愉快にやってくれるに違いないのではありませんか。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました