※荒木飛呂彦が老けないのは少食が秘訣?

スポンサーリンク


ジョジョwに”若返ってる”感じもするので吸血鬼とか、
製作品と関連付けて「波紋の使い手」とも噂されている。

そのような荒木さんですが、ただ単純に老化しにくい体質が理由でではないようだ。
日頃のがんばりのおかげとも言えます。

荒木 飛呂彦ってどんなひと?

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 – )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。20年にわたって連載され続けており、シリーズ総計106巻(2012年8月現在)、発行部数は7000万部に及ぶ。
出典 荒木飛呂彦 – Wikipediaより

スポンサーリンク


その生活習慣とは?なぜ若いのか?

よくよく規則的な生活を送る。
のと同時に、1日2食の小食で22頃には横になっている。

現職の始めるより先に、自分自身で豆を挽いて、
コーヒーを淹れることが習慣となっている。
書き物直前のストレッチ体操も欠かさない。

基礎体力持続のため50歳を経過してしまってもスポーツジムにおける練習やスイミングを欠かさない。
荒木さんの今の奥様との初デートする際にも、
お決まりの水泳にウェートを置き、スポーツ施設傍らに恋人を待たせたまま
練習をしていたという。

食事はひとめぼれを食べる。
個性豊かな健康法と位置付けて、寒い時期でも冷水の湯船に浸かるという。
(※今の季節は心臓への苦痛の遠慮から行なってないらしい)

たばこはきらいで、誰かが横で吸っているということもいけないらしい。
煙草は、害が多くあるが、最もビタミンCが損なわれるので
喫煙者は禁煙者に比べると、肌の特質が10年オーバーふけて感じられる。
煙草が嫌いなのもバイタリティ持続の大きい要因になっているのだと思います。

 

スポンサーリンク


小食は若さの秘訣!小食の威力とは?

・空腹を感じることで、サーチュイン遺伝子(若返り遺伝子)が活性化する

・食後の身体は消化にものすごい体力パワーを使うため、食べない=消化にパワーを使わない=臓器を休ませる事になる。

・臓器が休むので、普段消化作用で手一杯で、手が回りにくい部分の修復ができる

・貯めこまずに老廃物が出やすくなる=デトックス効果がある=肌がきれいになる

・そもそも人間は長年飢餓と闘ってきた生物なので、食の飽和状態に身体が慣れていない

・近年の癌や成人病などの病気は食べ過ぎや添加物の摂りすぎが原因

スポンサーリンク


 

腸は、免疫をつくる仕事もしています。
最近の研究によって小腸・空腸・回腸では全身の70%、大腸では全身の10%もの免疫力をつくっていることが判っています。

つまり、体の80%もの免疫力を腸が担っていることになります。

 

食べる量を少なくすると老化を抑制する遺伝子が活発化されて
老け防止になるようです。

まったく食べないことは害になります。
腹八分でたくさんの栄養素をとることが肝心です。

寝る4時間前は、内臓を休めるために食べるのをやめましょう。
寝ている間に胃に食べ物が残っている内臓に負担がかかり
お肌によくありません。

スポンサーリンク


 

現時点で最も確実に老化を防ぐ効果があると言われるアンチエイジング方法がカロリーリストリクションです。

日本語に訳すと「カロリー制限」です。

食事のカロリーを少なくしましょう、省エネ人間になりましょう、ということです。

 

つまり腸を休ませると若返る!あまり食べないことは大事

どんな病気も、ほとんどは食べ過ぎが原因です。

一般には一日三食きちんと食べることが健康には良いと言われていますが、実際にはこれでは多すぎます。

実は「食欲が無い」というのも日ごろの食べ過ぎが原因で、このような時は食事を抜くか、あるいは少なくして胃腸を休ませることが大切ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました