昼めし旅で放送された平塚の湘南しらす味噌汁とは?

毎日食べる「ご飯」、おいしいお店を紹介するグルメ番組は沢山あるけど、

実際は一体どんな人がどんなものを食べているのでしょうか?

 

湘南でしらす丼といえば、とびっちょが有名ですが、昼めし旅でとびっちょは紹介されないみたいです。

おすすめはマイアミ貝新

マイアミ貝新をご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

話題を呼ぶはまぐろと茹でしらすの二色丼!

江ノ島水族館目の前にある海鮮料理
片瀬江ノ島駅間髪入れず江ノ島水族館の真正面にある海鮮料理店。

好評はまぐろと茹でしらすの二色丼(1200円)、釜揚げしらす丼(1000円)。

一押しは生しらす丼(1100円)。鮮度が良く天下一品。

ランチは混み合うので早いうち店に来ることがオススメ。

 

わたしも江ノ島水族館にいって、江ノ島まで生しらす丼を食べに…と思ったけど、駐車場の時間があまりなかったので目の前のこのお店へ。
実は生しらす初体験の私(笑)釜揚げと生のWしらす丼と湘南しらす味噌汁を注文。どれも美味しかったです。
お店の人も優しいおばあちゃん達で(失礼ですね)和みました(笑)

 

江ノ島名物「生しらす丼」なんですけど、1年365日365日毎日口にできるわけではないです。

しらす漁が盛んな片瀬江ノ島では、1~3月はアユの稚魚を守るため禁漁と規定されているので、その時期には新鮮なしらすはございません。

美味しい「生しらす」が食べることができるシーズンは、捕獲量が多くある4~5月、7月、10月。

とくに10月は1日2~3回も出漁を行うため、生しらすが贅沢に食べられます。

 

一般的に、しらすであれば茹であげられた「釜揚げしらす」をいうのですが、

生しらすは全くの異なるもの。

うま味の強烈な、ねっとりとした口当たりは他の食べ物では確実に賞味出来ない最高級の美味と言えます。沼南でしか味わえない美味に、きっと驚くことでしょう。

 

ほとんどの場合、どこのしらす料理店に関しても生しらすの買い付けは大変厳しいにちがいないでありまして、

100パーセント食べたければ、オープンを待って午前中にお邪魔した方が良さそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました